糖尿病教育入院15日間の診療費は?

2007年11月12日月曜日、朝食を食べ終わったら退院の準備をして、入院費を支払い、元の生活に戻ります。

健康な時は「何と健康保険料の高いことか」と憤慨していても、病気になると「健康保険制度があって良かった」などと態度が変わるものです。

保険料が高い上に病気までしているのだから、全く良いところはないのですけれど。

筆者の糖尿病教育入院の入院費用は、以下のとおりでした。

  • 診療費:363,020円/15日間
  • 食事負担金:8,820円(健康保険適用外)

診療費は、負担率3割分の108,900円を支払う必要がありますが、予め高額療養費の限度額適用認定証を提示していたので、窓口での支払いは、所得に応じた自己負担限度額内になりました。

教育入院診療費の内訳

筆者の糖尿病教育入院の診療費36,302点=363,020円の内訳は、下記のとおりでした。

  • 入院料等:26,519点(265,190円)
  • 医学管理等:1,140点(11,400円)
  • 在宅医療等:1,602点(16,020円)
  • 検査:5,125点(51,250円)
  • 画像診断:1,447点(14,470円)
  • 投薬:237点(2,370円)
  • 注射:202点(2,020円)

入院期間は2007年10月29日から11月12日まで、診療費の支払い算定期間は月の1日から末日までの月毎になりますので、2枚の請求書が来ました。自己負担限度額は、月毎に適用されます。

10月29日から10月31日までの診療費10月分の負担金は、7,750点の3割にあたる2,325点=23,250円。11月1日から11月12日までの診療費11月分の負担金は、通常であれば28,552点の3割にあたる8,566点=85,660円になりますが、自己負担限度額が適用され、35,400円が負担金となりました。

診療費負担金

10月分は自己負担限度額内なので、23,250円が負担金となりました。

  • 7,750点の3割にあたる2,325点=23,250円

11月分は高額療養費制度の限度額が適用され、35,400円が負担金となりました。

  • 28,552点の3割にあたる8,566点=85,660円→35,400円

同一月内の入院であったなら、負担金は35,400円で済むところでした。このように、実際の窓口負担は、月をまたいだ入院なのか、同じ月内の入院なのかで違ってきます。