飲酒による低血糖に注意

お酒は、古来より人間の営みと深く関わっており、現代社会においても、その存在を無にすることはできません。

「酒は百薬の長」と言われ、健康や精神に良い影響を与える反面、健康を害し精神を蝕み、時には生命を奪ってしまう悪い面もあります。

糖尿病だから禁酒しなければならないとは一概に言えず、血糖コントロールができている患者は、その範囲内でお酒を楽しんでいると思いますが、糖尿病であるがゆえに注意が必要なこともあります。

お酒に含まれている、糖質とアルコールが問題です。

  • 直接的に血糖を上昇させる糖質の過剰摂取
  • アルコールは、低血糖を引き起こす要因のひとつ

飲酒の心構えとして、酔った場合にも低血糖の対処ができるような自制心は必要です。

飲酒の効用

飲酒による効用は、医学的に下記の疾患で確かめられているそうです。

  • 虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症)
  • 脳梗塞
  • 動脈硬化
虚血性心疾患

心臓の冠状動脈が詰まったり狭くなることにより、心筋に血液が十分に供給されず、栄養不足および酸素不足(虚血)の状態にある心臓の病気です。

  • 狭心症:一過性の虚血
  • 心筋梗塞:心筋が壊死

主な原因は動脈硬化で、心筋虚血が起こる可能性は、トレッドミル負荷心電図検査で調べることができます。

脳梗塞

脳の動脈が詰まったり狭くなることによる虚血のため、壊死の状態になる病気です。

動脈硬化

心筋梗塞も脳梗塞も動脈硬化が最大の危険因子です。動脈硬化の危険因子は、

  • 糖尿病
  • 血中脂質異常
  • 高血圧
  • 喫煙……など

糖尿病の代謝異常は、血中の過剰なグルコースの蓄積(=高血糖)やリポタンパクの蓄積(=高トリグリセリド血症)が生じるので、動脈硬化が促進されます。

飲酒(アルコール)の効用

次のような抗動脈硬化作用がありますが、「飲酒量は少しであるべし」というところがミソのようです。

  • 血液中の高比重リポ蛋白(HDL; High Density Lipoprotein いわゆる善玉コレステロール)の増加による血管の余分なコレステロールの除去
  • 血小板の凝集抑制(血栓が溶けやすくなること)による「血液サラサラ」効果

筆者は、糖質の過剰摂取にならないようにと、つまみ無しで蒸留酒(芋焼酎や米焼酎)や糖質0ビール系アルコール飲料を飲んでいました。すると、予想外に血糖値が下がる場合がありました。

お酒が低血糖を引き起こす理由

アルコール(エタノール)は、胃や小腸から吸収されて、肝臓で代謝されます。

炭水化物(糖質)は、グリコーゲンとして肝臓に貯蔵されるほか、肝臓では、糖新生によりグルコースが産生されて、血液中に放出されます。

糖と同じように、エタノールも肝臓で代謝されるため、飲酒にはアルコール性低血糖の危険があります。

アルコール性低血糖の発症要因
  1. エタノール代謝が糖代謝より優先
  2. エタノール代謝により補酵素の需要が増加
  3. 補酵素の需要増加により糖代謝で使われるべき中間物質が減少
  4. 本来作られるであろうグルコースの量が減少 (糖新生の抑制)
  5. 低血糖の症状が現れ得る

そして、次のような時にアルコール性低血糖は起こりやすいです。

  • 食事を摂らないことが長時間におよんでいる時
  • 血中グルコースの由来が糖新生に依存している時
  • アルコールを摂取した(している)時

糖尿病患者が、空腹時に何も食べないで飲酒することは危険です。

また、肝臓がアルコールを分解している間は低血糖を起こしやすい状況ですので、大量または長時間の飲酒も危険です。

低血糖の予防策は、飲酒と同時に炭水化物も摂ることです。インスリン注射や経口血糖降下薬を服用している人は、特に注意して飲酒するべきでしょう。

どうりで飲酒時は、血糖値が下がるはずです。

これからは、おじいちゃんおばあちゃんの「少しのお酒が長寿の秘訣です」みたいな飲酒スタイルで、スマートに飲みましょう、ですね。

2013年9月現在、筆者の飲酒の機会は春の花見と秋の芋煮会の計2回、350[ml]缶を2本程度飲むだけになってしまいました。

自分の意思で飲まないというより、身体に負担がかかり苦しいのでお酒が自然と受け付けなくなった、というのが本音です。

芋焼酎の買い置きが数十銘柄あるのですけれども、どうしたものか…。