最上川のアヒルは無事に冬を越していた

朝晩の冷えや雪がちらつく時もありますけれども、四月に入り確実に暖かくなっています。

「母なる川」をバックにして、チイタロウが凛々しく立っています。

最上川沿いの散歩コースの約1km上流でも川縁を歩くことができ、そこには野生化したアヒルが二群十羽ほどいました。

北帰行途中であろう白鳥の編隊を見上げつつ、この先のアヒルがいると思われる場所に行ってみます。

冬を越したアヒル

アヒルは、野生のカモより体格と鳴き声が大きく、「ああいるな」とわかります。

水面を移動し、陸に上がってきました。

冬を越したアヒルを見ているチイタロウ

去年の暮れに来たときはオスが四羽、メスが二羽いたのですけれど、オス一羽メス二羽になっていました。

餌をもらえると思って近づいてきます。

米ぬかを食べるアヒル

米ぬかを与えたところ、あまり食べません。他のおいしい餌をもらってばかりいて、舌が肥えてしまったのかもしれないです。

チイタロウのおやつ(棒状の乾燥肉)をやるとすごい喰い付きを見せ、千切って放り投げると見事くちばしでキャッチ。

視力が良くて、器用なものです。