秘湖オンネトーへの道は紅葉がきれいだった(1984年)

前日(1984年10月5日)に行った東雲湖では少しの間であったが雨から雪に変わり、天候によっては峠が雪になる恐れがでてきた。

雌阿寒岳と阿寒富士に冠雪が見られる。オンネトーまわりの原生林はまだ紅葉しているのに。1984年10月6日撮影。オンネトーの向こう左側が雌阿寒岳で右側が阿寒富士。周りには誰もいない。

国道241号(足寄国道)から道道949号オンネトー線に入る。信号が無くほぼ直線の快適な国道では自然と視界が狭まる走りになる上、道の両側は原生林で同じような景色が続くので、案内板を見落として通り過ぎてしまった。

オンネトー周辺の地図1984年当時使用の地図。雌阿寒温泉を雄阿寒温泉と誤表記(実はもう1つ間違いがある)。雌阿寒温泉から先は道路の表記がなく、歩いて行くのだろうと思っていた。

オンネトー線は舗装はされているものの、道幅は狭く傷んでいた。走行速度が下がった理由はこれだけではなくて、道両側の原生林の紅葉がとてもきれいだったのだ。

ヘルメット越しからは木々が道に覆いかぶさってくるように見え、見上げれば空もまた黄色や赤、茶色に染まっていた。

しばらくすると軽いダートになってしまったが、北海道三大秘湖のひとつオンネトーへの期待は膨らむ……よりも寒くて、エンジンに手をあてて暖を取りながら走ったのだった。

北海道三大秘湖のひとつ

支笏湖の近くのオコタンペ湖、然別湖の近くの東雲湖、そして阿寒湖の近くのオンネトーの三つを北海道三大秘湖と言うそうだ。近年は、オンネトーを外して別の湖を入れる人もいるらしい。

確かに1984年当時、既に「観光バスで乗り付けるからな(やれやれ)」という話を聞いていたから、そこだけを切り取れば秘湖のイメージとかけ離れているとは思う。

夏に道内でよく見かけた、全日空スカイホリデーのビッグスニーカー号が噂のそれだったのだろうか。

オンネトーの周りの林は紅葉しているが、雌阿寒岳と阿寒富士の山頂付近は既に白いもので覆われている。1984年10月6日撮影。現在の湖岸展望デッキ付近から。湖面は「コバルトブルーの」とか「エメラルドグリーンの」と表現されるが、あいにくの曇りで残念。

ストリートビュー画像を見ると、湖岸のダート道は舗装されたが幅は狭いままのようだ(国立公園内の開発は制限される)。

観光バスから会話の声が大きい人たちが降りてきて自撮り棒を使っているようなところは秘湖ではない、と言うのは勝手だが、オンネトーもいい迷惑だと思う。

1984年10月に行ったオンネトーで北海道三大秘湖を制覇したことになったが、秘湖だからと言って期待して訪れた訳ではない。また、オンネトーは秘湖をひけらかすことなどしないし、当時も今も変わっていない。

三大秘湖の共通点

秘湖の「秘」は、秘境のそれではないと思う。秘湖には「観光客向けではありません旅人におすすめの湖です」という意味が含まれていたのかもしれない。

1. 有名な湖の近くにある

オンネトーは、雌阿寒岳の火山噴火によってできた堰止湖で、阿寒湖から国道241号・道道949号経由で約20[km]に位置するが直接の関係性はない。

オコタンペ湖は、支笏湖の北西に位置する恵庭岳からの溶岩流による堰止湖で、そこから流れ出るオコタンペ川は長さ約3.6[km]で支笏湖に注ぐ。

東雲湖は、然別湖と約0.7[km]しか離れていないが、然別湖へ流出する川はないという。

2. 国立公園内にある

オンネトーは、阿寒国立公園の特別地域にあって、湖岸まで自動車で行くことも湖畔の遊歩道を一周することもできる。

オコタンペ湖は、支笏洞爺国立公園の特別保護地区にあって立ち入りが制限されているが、1984年当時はオコタンペ湖登山口の案内板が設置されており、湖畔まで歩いて行くことができた。

東雲湖は、大雪山国立公園の特別地域にあって、人力(徒歩または舟+徒歩)で行かなければ目にすることはできないが、登山道として整備されているので迷うことはない。

3. 近くにユースホステルがあった

オンネトー手前の雌阿寒温泉に、野中温泉ユースホステルがあった。雪の心配がなかったら、ここに泊まって雌阿寒岳登山やオンネトー一周、湯の滝に行っていたと思う。

支笏湖ユースホステルは今も営業中。ここに泊まったときにオコタンペ湖の情報を得て、ホステラー数人で湖畔に降りた。

然別湖湖畔に、然別湖畔温泉ユースホステルや山田温泉ユースホステルがあった。愛とロマンの「東雲湖コース」と言ったのかは知らないが、ユースホステルではよく周辺の「○○コース」を紹介していた。

湖岸から眺めたオコタンペ湖(1984年)

1984年、オコタンペ湖登山口から登って着いた湖岸は、右も左も木に阻まれて水辺を歩くことはできなかった。当時、観光パンフレットに登山ルー…

ナキウサギを探しに東雲湖へ行く(1984年)

東雲湖は、然別湖の東に位置する周囲約800[m]の小さな湖(別名 東小沼)。旧道道85号線沿いにある白雲山天望山登山道入口から然別湖岸の…

秘すれば花なり

道道949号はオンネトー湖岸を通るが、オンネトーの視界は良くない。だからと言って良くすることはできない。1984年10月6日撮影。湖岸の木々に邪魔されて、オンネトーの向こうに雌阿寒岳と阿寒富士を望むことができる場所は限られる。撮影場所はこの辺りだったか。

北海道で見る海や湖、空の「青」は澄んでいて、とてもきれいだ。ウェブ上の写真を見れば、オンネトーも例外ではないことがわかる。

1984年当時、「オンネトー、オコタンペ湖、東雲湖が北海道三大秘湖だよ」という情報しか自分は得ていなかったから、実際にこれらの湖に行き、自分の目で見て脳で知覚して、いろいろなことを感じた。

曇り空のオンネトー(写真参照)だったが、「オンネトーブルーじゃない」なんて微塵も思わなかった。足元の湖水は、薄い青のような緑のような澄んだ水に見えた。

現在は、写真や動画、地図、ブログ、口コミなどなど事前に情報が得られる便利な時代になり、オンネトーブルーがきれいだと期待して行けば、そりゃ感動は薄れますよ。

イメージセンサーが処理した色とあなたの脳が処理した色は一致するとは限らないし、期待すればするほど脳の感動レベルは上がらない。

展望デッキに人が多かったら、野営場の湖岸散策などは視点が変わって良いと思う。